短期ドライバー求人のデメリット

継続出来ないことから来るデメリットを考えておこう

ドライバーの求人で短期のものを選んだ場合、仕事も収入も継続的な確保が見込めないため、生活の安定を考えた場合には難しいといったデメリットが挙げられます。決まった期間限定の仕事となりますので、職場や仕事内容が気に入ったとしても、継続は難しく、契約期間が終われば、新たに求人情報を探さなくてはいけません。また、収入面においても、短期間の収入となりますから、今後に向けて見通しを立てたり、一定の収入と捉え、生活を考えていくには向かないと言えます。

ドライバーの仕事がどういったものかを試してみたい場合や、空いた時間を使って有効に収入を得たい場合などは、短期の求人はピッタリと言えますが、仕事としても収入としても継続的なものにはなりにくく、安定しないといった側面もありますので、その点を踏まえて仕事を選ぶことが大切になります。

気をつけよう!補償面での差があることも?!

短期の求人になると、長期的なものより収入面で優遇されていることもあります。けれど、その反面、補償や待遇と言った部分では差が出てくるといったことも珍しくありません。福利厚生をはじめ、ドライバーの場合、車両保険の補償額や補償内容、仕事中に怪我をした場合などの補償や待遇なども、しっかりと確認しておくことが大切です。また、仕事をする上で必須とされるものがある場合、レンタル出来るのか、自分で用意しなくてはいけないかで負担が変わって来ます。

例えば、制服などは分かり易い例かもしれません。長期の仕事であれば、制服を着る機会も多く、必要経費として見込めるかもしれませんが、短期の場合は仕事が終わったら着る機会はないので、買取という形だった場合、せっかくの収入が減ってしまうということになりかねません。給料といった面だけでなく、待遇なども含め、事前に確認した上で仕事を選ぶことがポイントと言えます。